投資物件はトレンドのアパート~資産倍々増大作戦

不動産

不動産投資を行うなら

投資物件として非常に人気を集めているのがアパートです。アパートはマンションなどと比べると、初期投資や維持費がそれほどかからないというのが大きな魅力と言えます。中古物件も多く出回っているから、お得に購入する事も可能なのです。

詳しくはこちら

アパートを投資物件に

投資物件はアパートの物件がオススメです。物件数が多い会社をこちらで紹介していますので一度参考にしてみてはいかがですか?

近年ではアパートを投資物件とする方が増えてきています。 どのような方が増えてきているかと言いますと、公務員の方が増えているようです。 また、年齢的に、若年層の方に多く見られます。 アパートを建築して、若いうちから、経営を行うことで、老後の為にと考えている事からだと思われています。 また、投資物件のアパートの建築費の調達についても、公務員であれば、職場の融資制度を活用して、返済していく事を考えています。 定年退職後でありますと、老後に、ローンを返済することになりますので、負担も増加することが考えられます。 若いうちからアパートを投資物件として、見据えて、老後に向けての、計画をして行く。 安心感を今から感じられることを目標としています。

アパートとは、一つの建物に、区切りを立てて、居住するスペースを与えるものです。 これらを共同住宅というのですが、建物の面積がかなり必要となります。 土地も合わせて必要ですので、費用も、かなり見込まなくてはなりません。 こうした面を、居住されている方から、家賃として、金銭を得ることでアパートの返済に当てるというのが、一般的となっています。 こうして現在まで、至るのですが、近年では、マンションの建築も進んでますので、建築年数が立ちますと、自然と人気も出なくなってしまいます。 こうした中、建て直しやリフォームをすることとなるのですが、当初の投資金額に達しない状態での上積みとなりますので、負担が更に増す事になります。 投資物件の活用を、また、より良い工夫を考えるのも一つの手です。

投資物件とアパート

アパートなどの投資物件は総合的に判断する必要があります。土地の価格の推移や空室率の変化などの想定が大切になります。不動産に関するデータを上手く活用することも、アパートなどの投資物件を考える時に重要なこととなります。

詳しくはこちら

アパートを建築する

低層の建物の場合機能面共に鉄筋コンクリートの建物に見劣りしません。それでいて建築コストは低く済むため、閑静な第1種低層住居専用地域で、投資物件としてのアパート併用住宅を建築することが容易になってきています。

詳しくはこちら